加圧トレーニングのデメリットについて


加圧トレーニングにデメリットはないのでしょうか?

 

残念ながら、いくつかのデメリットは考えられます。

 

まずは、費用の問題です。

 

通常のトレーニングであれば、自宅で一人でもできますし、ジムに通って本格的なマシンを使ったとしても、ほとんどの場合が毎月の利用料程度で済みますよね。

 

 

しかし、加圧トレーニングの場合は、専用の器具や加圧ベルト代などの費用がかかります。

 

通常のトレーニングジムに通うよりは、加圧トレーニングジムに通う方が高価であると言わざるを得ないでしょう。

 

そう考えると今流行りの、加圧シャツの方がおてごるかもしれませんよね。

 

自宅の加圧トレーニングは本気でやらないとできない

次に、自宅で気軽に行えるトレーニングではないということです。

 

通常のトレーニングであれば、本やインターネットを見て独学で行うことができます。

 

加圧トレーニングでも、厳密に言えば独学でできないことはないのですが、危険が伴うということを認識しておかなければなりません。

 

身体にかける圧力は適正か、圧力をかける場所は間違っていないかなど、素人では判断しにくいポイントが多々あるからです。

 

最後に、加圧すること自体を不快に感じるケースもあるということです。

 

身体に圧力をかけて血流を制限するわけですから、ビリビリと痺れたような感覚があります。

 

ほとんどの場合は慣れるようですが、慣れるまでは苦痛を覚えるかもしれません。

 

私も使っている加圧シャツはこちらから